失敗礼賛♪

↑毎日1章づつ、読書ノート引き続き付けておりますーー。

そしたらば。


今日やった第6章に書いてあったよー

「ノートを作ることが目的になるのは本末転倒だよ☆えへ☆」

(※注 実際はこんな可愛い文末ではございません)


どーーん↓↓↓

段々「ノートを作ること」が目的になってたよーーうひー。


そうなんです、4章ぐらいから、上手くまとめられなくて辛くなって来てたんです。

ただでさえ、視野が狭いから、「あれ?これはこうつながるんじゃないの?」

「話飛んでるよ!上手くノートにまとめらんないじゃん!!キイ――――!!」とか(笑)


ちなみに、この本の中では、読書ノートはあくまで「重要だと思った箇所の要約文&そのページ数のメモぐらいでいいよー」とありました。

…もう授業のようにノートとってたよ(笑)


まあね、やり始めだしね!失敗は当たり前なのよん~、と悩みに陥るのは止めるの巻、でした。


というのがですね、思い出したんですよ。

私ね、紙切りを本格的に始めたのはガンダムを切ったのです。


フォルダを漁ったら、画像がありましたー!10年前の4月末日、

ガンダムを全然知らなくて、初めてガンダムを下描きなしで半分に折って切ってみた画像。

あ、下書きなしですけど、画像は見ながら切ってますよ。

でへへ~下手くそ~(笑)


でもその後、毎日は言い過ぎかな?まあ2日に1回は切ってたんですね。

で、5月末頃。

こんな感じに。


更に6月。

…という訳で、

続けてれば二か月である程度切れるようになるので。


で。この時、自分は失敗したガンダムさん達をすぐに捨てないで取っておいたんです。

失敗したガンダムさん達を見ながら、

「前回はここをこーしたからかっこ悪くなったのか!

 もっとかっこよく切るにはこーしよ~~」

って改善しながら切られるから、失敗ガンダムさん達はありがたかったんです。


ねえねえ、こんな感じで、好きなことなら失敗は糧になるから大事に出来る~~って経験、ございませんか?


だから私、講座ではいつも「失敗は全然OKですよ!」って自然に発言してたりします。

うーん、また講座の機会があったら、これを具体的にもっと実践して実感して頂けるようにしたいな。


しかしですな。

私は切り絵が価値が多分一番ぐらいに高いから、こんな風に失敗は改善の元!ってありがたがることが出来るけど、でも苦手なことではこーは考えられない(笑)

掃除とか整理整頓とか数学とか…1回でも失敗をしたらくじけてしまう~~


あ。ということは。

自分が「最高」「一番」の価値にしてるもので生きられたら、「失敗は大丈夫よ!逆にいいものよ!」って、それを苦手にしている方に伝えられるのか。

本を読むのが好きな人は、苦手な方へ「大丈夫だよ!」ってことを。

人と交流するのが好きな人は、苦手な人へ「大丈夫だよ!」ってことを。


わーわー。


人類全員が、最高価値で生きられたら、お互い補い合って生きていけるって、何も技術や知識だけじゃなくて、心や考え方もなんですね。

わーわー。

きっと、全てにおいてなんだろうな。

自分の得意なこと・好きなことで生きていけたら、自分も周りも助けて助けられるんですね。

わーわーわー。


…ところで。今ガンダムを切ってみたらどうなってるんだろう。

もう8年?7年?ぐらい切ってないと思います。

うわーーード下手になってるんだろうな(笑)

今度動画撮影でもして久々に切ってみますね♪



0コメント

  • 1000 / 1000

わたしは紙をだきしめていたい。

紙切り切り刻む、切刻亭のブログです。紙を切り刻むこと、それ以外の大好きなこと、面白い!ことも書いて参ります。